仕向地ミニ情報 | アフリカ
国際輸送のエキスパート ジー・ティー・シー エイシア株式会社

ブジュンブラ(BUJUMBURA) - ブルンジ (BURUNDI)

XML RSS

ブジュンブラ(BUJUMBURA):

アフリカ大陸の中東部に位置するブルンジ共和国の首都。ブルンジ最大の都市で、同国の政治及び経済の中心。市域面積86.54平方`、標高774b、人口30万人(1994年)。南緯3度22分34秒 東経29度21分36秒、「タンガニーカ湖」の北東に位置し、主な工業製品はセメント 石鹸。

「ブジュンブラ港」の航空写真:

ドイツによる植民地化以前は小さな村だったが「ドイツ領東アフリカ」の軍事拠点となって以降急速に発展した。第一次世界大戦後は「ベルギー領ルアンダ=ウルンディ」の首都とされた。「ウスンブラ」という名称だったが、1962年にブルンジが独立したのと同時に、市名が「ブジュンブラ」に変えられた。

<ただ今、定期サービスを停止しております。誠に申し訳有りません。特注による輸送はお受けしておりますので、ご相談ください。>

「ブジュンブラ」の風景はこちら

<*><*><*>

ブルンジ (BURUNDI) :

公式国名、ブルンジ共和国(Republic of Burundi)。アフリカ大陸の中東部に位置する
「タンガニーカ湖」の北東に位置する平均高度2,300bの内陸の高原国。面積、2万7,834平方`(四国の1.5倍)。人口、605万4,714人(2000年推計)。人種、バンツー系フツ族85%、ナイル系ツチ族14%。言語、仏語、キルンジ語(以上公用語)、スワヒリ語。宗教、カトリック62%、原始宗教3%、イスラム教10%、プロテスタント5%。

中央から北東部にルブブ川が、西部のコンゴ民主共和国との国境にはルジジ川が流れて[タンガニーカ湖]に注ぐ。山岳と起伏の激しい高原の為「アフリカのスイス」とも呼ばれる。熱帯にあるが山岳地帯である為、標高によって熱帯雨林気候から山岳気候まで多様である。2,000b程度の位置では快適な「サバナ気候」。雨季は3〜5月と9〜12月の2回現われる。

自給的農牧業が主でキャッサバ、サツマイモが栽培される。輸出はほとんどがコーヒー、他には綿花、茶が栽培される。タンガニーカ湖では漁業がおこなわれる。金、スズの鉱産があるが、産業が発展しない原因の1つは交通網が未発達なためで、タンザニアに通じる鉄道と道路が国際機関の援助で建設されている。

1919年まではドイツ領。第二次世界大戦後、ベルギーの信託統治領。1962年7月1日、独立。

<信託統治:第一次世界大戦後に成立した国際連盟下の委任統治規定に修正を加えたもので、信託領土には 1)国際連盟の委任統治地域、 2)第二次世界大戦の結果として枢軸国から分離された地域、 3)領有国が自発的に信託統治の下におく地域の三種がある。国連の信託統治理事会が監督にあたる。>

「ブルンジ」の風景はこちら

※それでは、GTC ASIAのFCL・LCLコンテナ小口混載(コンソリデーション)・国際複合一貫輸送サービスのご利用を宜しくお願い致します。

2011年01月01日 | 仕向地ミニ情報 | アフリカ一覧

Copyright 2007- GTC ASIA CORPORATION. All rights reserved