仕向地ミニ情報 | アジア
国際輸送のエキスパート ジー・ティー・シー エイシア株式会社

シリア (SYRIA)

XML RSS

シリア (SYRIA) : 

公式国名、シリア・アラブ共和国(Syrian Arab Republic)。西アジアの地中海に面する共和国。面積、185,180平方`(日本の約半分)。人口(2008年)、2,190万6千人。北にトルコ、東にイラク、南にヨルダン、西にレバノン、南西にイスラエルと国境を接し、北西は東地中海に面する。首都は、「ダマスカス」。外港は、「ラタキア」。「シリア」という言葉は、現在の国家ではなく、周辺のレバノンやパレスチナを含めた地域(歴史的シリア、大シリア、ローマ帝国のシリア属州)を指す事もある。

1516年にオスマン・トルコに侵略され、以降第一次世界大戦まで支配下にあった。19世紀に入りオスマン・トルコの勢力が衰え第一次世界大戦で敗北した為、戦後レバノンと共にフランスの委任統治(第一次大戦の戦勝国がドイツ、トルコの旧植民地などを国際連盟の委任をうけ統治した)領となった。1920年、一方的なフランス統治に大きな噴飯が起こった為、第二次世界大戦中フランスはシリア、レバノンの独立に同意し、1946年に独立。

独立後、何度かの軍事クーデター等による政情不安期の後、1954年、陸軍内のバース党が政権を握った。1958年、エジプトと合併してアラブ連合共和国を結成したが、1961年離脱、元のシリア・アラブ共和国に戻った。1960年、61年、63年と軍事クーデターが相次ぎ、再び政情不安となったが1966年、バース党が政権を取り戻した。しかし、1967年イスラエルとの「六日間戦争」ゴラン高原を取られ、更に1970年のヨルダン政府がパレスチナ・ゲリラを匿っているとして、国際的非難を浴びて業を煮やしたヨルダン政府がパレスチナ難民を国外追放した「ブラック・セプテンバー」事件の影響による損失で弱体化した。この年のクーデターにより国防相であった「ハフェズ・アル・アサド」が権力を握った。

1976年、シリア軍は宗教問題でレバノンの「ロマン派キリスト教徒」勢力を支援する為、レバノンに軍事介入し「イスラム教徒」左派と「PLO」を攻撃。これに反対するリビア国内の「ムスリム同胞団」は、1982年にハマで内戦ともいえる大規模な暴動を起こし、約一万人の死者がでた。1987年よりレバノン政府の要請でシリア軍がレバノンに駐留している。

1970年以来、ハーフィズ・アル=アサド大統領が権力を保持し、1992年の大統領選では99.9%の信任を得た。バース党主導の連立政権を維持している。外交面では、当初旧ソ連の軍事援助により体制を保っていたが、ソ連壊滅により、西側諸国、特にアメリカへ接近、「湾岸戦争」で多国籍軍に協力した見返りにテロ支援国のレッテルを外させた。政府は、大統領を議長とする最高司法評議会が置かれているが、実質、アサド大統領による独裁政権であった。

2000年、ハーフィズ・アル=アサドの死去により、息子のバッシャール・アル=アサドが大統領就任。2007年、バッシャール・アル=アサド、大統領信任投票で99%の得票率で再選し、2期目に就任。2008年、隣国レバノンとの間に正式な外交関係樹立。

2011年1月26日、シリア騒乱が発生、継続中。2014年夏以降、反体制武装勢力が内紛によってシリア軍が衰退すると、イスラム過激派のイスラム国(ISIL)が反体制運動の中心に躍り出た。特に東部のラッカ県・デリゾール県等では、政府軍の残余部隊や自由シリア軍およびヌスラ戦線等が駆逐され、ISILによる非常に残忍で冷酷な方法による独自の支配権が築かれた。2015年春には、ISILがパルミラ遺跡やダマスカス近郊まで支配権を確立し、支配領土を拡張した。

2015年秋以降、ロシア軍の航空支援やイラン革命防衛隊の地上支援を受けた政府軍はアレッポ市郊外やラタキア県北部における攻勢を強化、アレッポ市郊外では2013年以来、反体制武装勢力やISILによって包囲をうけてきた航空基地や小都市の解囲作戦に成功し、反体制武装勢力の補給路を一部遮断した。政府軍の攻勢に対し、ISILはアレッポ市とサラミーヤ市とを結ぶ交通幹線への攻撃を強め一時的にこれを遮断した。

ロシア軍の空爆に対し、米国やフランス、トルコをはじめとしたNATO諸国、サウジアラビアやカタールなどのスンニ派湾岸諸国は、ロシア軍の空爆対象はISILやアルカイダ系武装勢力などのイスラム過激派のみならず、西側有志連合が支援する反政府武装勢力も含まれているとして、ロシアを強く非難しているが、一方では親欧米のエジプトや従来はアサド政権と敵対していたイスラエル、キリスト教の総本山であるバチカン市国がイスラム過激派をアサド政権以上の脅威とみなし、ロシア軍の空爆を支持又は黙認している。

更に、英仏もISILに対する空爆を本格化させているなど、シリアを舞台に各国が思惑が異なる中で勢力図争いを行っており泥沼の紛争状態が続いている。冷酷で残忍なISIL支配拡張と終わりの見えない内戦は大量のシリア難民を生み国際問題となっている。2015年7月には、全人口2200万人のうち国外への難民は400万人に達している。

シリア国内には、のユネスコの世界遺産リストに登録された「文化遺産」が5件存在する。それらの内訳は、 ◆『古都ダマスクス』: シリアの首都ダマスカスの旧市街に残る歴史的な構造物。1979年登録。 ◆『パルミラ(パルミュラ)の遺跡』: シリア中央部のホムス県タドモルにあるローマ帝国支配時の都市遺跡。シリアを代表する遺跡の一つでもある。1980年登録。ローマ様式の建造物が多数残っており、ローマ式の円形劇場や、公共浴場、四面門が代表的。 ◆『古代都市ボスラ』: シリアの北部にある都市アレッポに残る歴史的構造物。1986年登録。 ◆『古都アレッポ』: シリアの首都ダマスカスの北約300`b、トルコ国境に近くに位置する歴史的建造物郡。アレッポ城が象徴的な建物である。 ◆『クラック・デ・シュヴァリエとカラット・サラーフ・アッディーン』: 十字軍時代の代表的な城で、共に2006年登録。 @「クラック・デ・シュヴァリエ」は、当時の築城技術の粋を究めたものと評価されている。十字軍時代は聖ヨハネ騎士団の本拠であり、名前は「騎士の砦」を意味する。 A「カラット・サラーフ・アッディーン」: 別名、サラディン城。シリアの港湾都市ラタキアの30`東の山中にあり、二つの深い渓谷に挟まれた峰の上に建ち、森に囲まれている。

※かつての「シリア」の風景はこちら
※現在の「シリア」の風景はこちら

※それでは、GTC ASIAのFCL・LCLコンテナ小口混載(コンソリデーション)・国際複合一貫輸送サービスのご利用を宜しくお願い致します。

2017年06月21日 | 仕向地ミニ情報 | アジア一覧

Copyright 2007- GTC ASIA CORPORATION. All rights reserved