仕向地ミニ情報 | アジア
国際輸送のエキスパート ジー・ティー・シー エイシア株式会社

アルメニア (ARMENIA)

XML RSS

アルメニア (ARMENIA) :

公式国名「アルメニア共和国(Republic of Armenia)」。西アジア、南カフカスに近接する共和制国家。東ヨーロッパに含められる事もある。面積、29,800平方`。人口(2012年)、3,100,000人。人口密度、112人/平方`。住民は、アルメニア人97.9%、ロシア人1%、クルド人1%、アッシリア人0.1%。他に少数民族として、クルド人やアゼルバイジャン人も存在する。公用語は、アルメニア語。ロシア語も幅広く通用する。宗教では、非カルケドン派の一つであるアルメニア教会の信者が大部分を占めるが、他にギリシャ正教やカトリックの信徒がいる。首都は、「エレバン」

「黒海」と「カスピ海」の間にある国で、西に「トルコ」、北に「グルジア」、東に「アゼルバイジャン」、南にアゼルバイジャンの飛び地「ナヒチェヴァン自治共和国」がある。1991年に独立。ナゴルノ・カラバフ(事実上、アルメニアの占領下)を巡ってアゼルバイジャンと対立。また、「アルメニア人虐殺」に対する歴史認識をめぐってトルコとも、対立していたが、近年はアルメニア大統領が両国を訪問する等、関係修復を目指して対話を行っている。2009年10月10日にスイスでトルコとの国交調印式が行った。

気候の特徴として、日照時間が多い事が挙げられる。アララト盆地(首都エレバン)では年間2,711時間で、40℃を超える時もある。低地はステップ気候、高地は亜寒帯湿潤気候である。低地は雨が少なく、高地は多い。高地特有の大陸性乾燥気候で、四季がある。年平均降水量は地域によって差があるが200〜900_である。首都エレバンの平均気温は11.4℃、年降水量は318_。1月の平均気温は−5.5℃、8月は25.5℃である。しかし高地では、冬季に前線が停滞する事等から天候は変化に富んでおり、エレバンでは-25℃〜40℃まで変化する。

アルメニア人は自らをハイ(複数形はハイク)、国をハヤスタンと呼ぶ。紀元前6世紀頃には国際的な商業活動を盛んに行っていたと言われ、紀元前1世紀にアルメニア高原を中心に大アルメニア王国を築き繁栄した。しかしローマ帝国とパルティア、サーサーン朝ペルシア帝国の間で翻弄され、両国の緩衝地帯として時に属州となる事もあった。

1世紀頃にはキリスト教の布教が進み、紀元301年には世界で初めてキリスト教を国教とした。その後サーサーン朝ペルシアの支配下に入り更にアラブの侵攻を受けるが、9世紀半ばにはバグラト朝が興り、独立を回復したが長くは続かず、セルジューク朝やモンゴル・ティムール朝等の侵入が相次いで国土は荒廃。この為10世紀に多くのアルメニア人が故国を捨てる事になった。

1636年、オスマン帝国とサファヴィー朝ペルシアに分割統治されたが、1828年ペルシア領アルメニアはロシア領となる。19世紀後半になるとオスマン帝国の支配下にいたアルメニア人の反発も大きくなり、トルコ人民族主義者との対立が激化し、20世紀初頭に至るまで多くのアルメニア人が虐殺され、生き残ったアルメニア人も多くは欧米に移住するかロシア領に逃げ込んだ。ロシア革命後に民族主義者によりアルメニア民主共和国が樹立されるが、「*赤軍」の侵攻により崩壊し、ザカフカース・ソビエト連邦社会主義共和国の一部となった。その後、1936年にソビエト連邦を構成するアルメニア・ソビエト社会主義共和国となった。

1988年にアゼルバイジャン共和国にあるナゴルノ・カラバフ自治州でアルメニアに帰属替えを求めるアルメニア人の運動が起り、これに反発したアゼルバイジャン人との緊張の中で衝突が起り、両国の本格的な民族紛争「ナゴルノ・カラバフ紛争」に発展した。これを契機としてアルメニアは独立を宣言したがソ連軍の侵攻を受けた。しかし、1991年にソ連保守派のクーデターが失敗した為、同年9月にアルメニア共和国は独立を遂げた。しかしナゴルノ・カラバフ自治州を巡るアゼルバイジャン人との紛争は現在も続いている。1991年12月21日、独立国家共同体(CIS)に加盟。同年12月31日付で、ソ連邦は解体・消滅した。

1995年7月、新議会選挙および新憲法草案について国民投票行われた。議会選挙では共和国ブロックが勝利、新憲法についての選挙では大統領任期5年、議会解散権、首相任免権付与等の内容が採択された。 1996年9月、新憲法のもとで初の大統領選挙が実施され「テル・ペトロシアン」が再選された。 1999年10月、国会内で首相、国会議長など8名が死亡した銃撃事件が起こった。政情は2009年現在では安定している。

世界遺産として3ヶ所の文化遺産が指定されている。 ◆『ハフパット修道院とサナヒン修道院』: アルメニア・ロリ地方の村、ハフパットにある991年に創建された修道院(1996年、登録)と、10世紀から建築が始まったアルメニア教会の修道院(2000年、拡張登録)。 ◆『ゲハルト修道院とアザート川上流域』: 登録は2000年。4世紀に創立したキリスト教・非カルケドン派のアルメニア使徒教会の修道院建築とその周辺地域を対象とする。 ◆『エチミアツィンの大聖堂と教会群及びズヴァルトノツの考古遺跡』: 4世紀に建立された「エチミアジン大聖堂」、「スルブ・ガヤネ教会」、「スルブ・フリプシメ教会」など、古いキリスト教の教会堂を対象とする。登録は、2000年。

「アルメリア」の風景はこちら

※≪『赤衛軍(ラボーチェ・クリスチヤーンスカヤ・クラースナヤ・アールミヤ)』: 略称、労農赤軍。1917年より始まったロシア内戦の最中に、ボリシェビキ党(レーニン)指導のもと組織された労働者の武装集団「労働者・農民赤軍」。1918〜1946年にかけてロシアおよびソビエト連邦に存在した軍隊「赤軍」ひいてはソ連軍の原型。1937年に、海軍が赤軍から独立した後はソ連の地上軍(陸軍)を指す呼称となった≫

※それでは、GTC ASIAのFCL・LCLコンテナ小口混載(コンソリデーション)・国際複合一貫輸送サービスのご利用を宜しくお願い致します。

2014年04月13日 | 仕向地ミニ情報 | アジア一覧

Copyright 2007- GTC ASIA CORPORATION. All rights reserved