仕向地ミニ情報 | ヨーロッパ
国際輸送のエキスパート ジー・ティー・シー エイシア株式会社

フランス (FRANCE)

XML RSS

フランス (FRANCE): 

公式国名、フランス共和国(FRENCH REPUBLIC)。ヨーロッパ西部、大西洋と地中海に面する共和国。面積、63万2,759平方`(日本の約1.5倍)。人口、6,544万7,374人(2010年)。人種、フランス人(先住民族、ケルト族、ローマ人、フランク族の混血)93%。言語、仏語(公用語)。宗教、カトリック90%。首都、パリ。全般に温和な温帯気候。北西部は気温の年較差が小さく雨量も多い。中東部は冬冷え込む。南部は夏高温乾燥、冬も温暖であるがときおりミストラルとよばれる冷たい北風が吹く。

地方行政の区分は、26の地域圏に分かれる。ヨーロッパ本土の領土は、22「地域圏(レジオン)」に区分され、その下に100「県(デパルトマン)」が存在する。更に海外のアメリカ大陸やインド洋などには、4つの海外県と、複数の海外領土がある。

2006年の調査による都市圏人口の順の主要都市として、上位10位までの都市名、「行政区分」、(都市圏人口)は、 @パリ、「イル・ド・フランス」、(11,819,000人)。 Aリヨン、「ローヌ・アルプ」、1,790,000人。 Bマルセイユ、「プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール」、(1,516,340人)。 Cリール、「ノール・パ・ド・カレー」、(1,143,125人)。 Dトゥールーズ、「ミディ=ピレネー」、(964,797人)。 Eニース、「プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール」、(933,080人)。 Fボルドー、「アキテーヌ」、(925,253人)。 Gナント、「ペイ・ド・ラ・ロワール」、(711,120人)。 Hストラスブール、「アルザス」、(612,104人)。 Iトゥーロン、「プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール」、(564,823人)である。

西欧最大の農業国で重化学工業、先端産業も発達している。農業人口は7%だが、食糧は自給可能で、穀物、乳製品、ワインなどを欧州諸国へ輸出している。北部は穀物、西部は酪農、南部はブドウが中心。工業は繊維・服飾から航空機、自動車まで幅広く高度に発達している。エネルギーでは原子力発電の占める比率が極端に高い。

紀元前2世紀ローマの属州となり、5世紀ゲルマンのフランク族が来住して統一国家を建設、フランク王国の存在は西欧文化圏形成の基礎。いくつかの王朝の支配を経てしだいに民族、文化を形成。17世紀には植民地を領有して栄えた。1789年、革命によって共和政が成立し、ついでナポレオン1世による第1帝政、1848年2月革命以後の第2共和政、1852年、第2帝政、1871年、第3共和政、第二次世界大戦後の第4共和政、1958年以降ドゴールによる第5共和政を経て現在に至る。

ユネスコの世界遺産として、「文化遺産」が33件、「自然遺産」が3件存在する。更にスペインにまたがって「複合遺産」が1件登録されている。それらの『登録名(登録年)』は、

◎『文化遺産』: ◆『モン・サン・ミシェルとその湾(1979年)』、 ◆『シャルトル大聖堂(1979年)』、 ◆『ヴェルサイユの宮殿と庭園(1979年)』、 ◆『ヴェズレーの教会と丘(1979年)』、 ◆『ヴェゼール渓谷の先史的景観装飾洞窟群(1979年)』、 ◆『フォンテーヌブローの宮殿と庭園(1981年)』、 ◆『アミアン大聖堂(1981年)』、 ◆『オランジュのローマ劇場とその周辺及び「凱旋門」(1981年)』、 ◆『アルルのローマ遺跡ロマネスク様式建造物群(1981年)』、 ◆『フォントネーのシトー会修道院(1981年)』、 ◆『サラン・レ・バンの大製塩所からアル・ケ・スナンの王立製塩所まで(1982年、2009年拡大)』、 ◆『ナンシーのスタニスラス広場カリエール広場アリアンス広場(1983年)』、 ◆『サン・サヴァン・シュル・ガルタンプ修道院付属教会(1983年)』、 ◆『ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋) (1985年)』、 ◆『ストラスブールのグラン・ディル(1988年)』、 ◆『パリのセーヌ河岸(1991年)』、 ◆『ランスのノートルダム大聖堂サン・レミ旧大修道院トー宮殿(1991年)』、 ◆『ブールジュ大聖堂(1992年)』、 ◆『アヴィニョン歴史地区:教皇庁大司教座総体及びアヴィニョン橋(1995年、2006年改名)』、 ◆『ミディ運河(1996年)』、 ◆『リヨン歴史地区(1998年)』、◆『歴史的城塞都市カルカソンヌ (1997年)』、 ◆『フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路ノートルダム・デュ・ポール聖堂クレルモン・フェラン等) (1999年)』、 ◆『ベルギーとフランスの鐘楼群 (1999年、2005年拡張)』、 ◆『サン・テミリオン地域 (1999年)』、 ◆『シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷 (2000年)』、 ◆『中世市場都市プロヴァン(2001年)』、 ◆『オーギュスト・ペレによって再建された都市ル・アーヴル(2005年)』、 ◆『月の港ボルドー(2007年)』、 ◆『ヴォーバンの作品(2008年)』、 ◆『アルビの司教都市 (2010年)』。

◎『自然遺産』: ◆『ピアナのカランケ、ジロラータ湾、スカンドーラ自然保護区を含むポルト湾(1983年):(ピアナのカランケ自然保護区)・(ジロラータ湾自然保護区)・(スカンドーラ自然保護区)・(ポルト湾)』、 ◆『ニューカレドニアのラグーン:サンゴ礁の多様性と関連する生態系:(ニューカレドニアのラグーン)・(ニューカレドニアのサンゴ礁)』、 ◆『レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群 (2010年)』 。

◎『複合遺産』: ◆『ピレネー山脈のモン・ペルデュ(1997年、1999年拡張)』。

フランスの風景はこちら

※それでは、GTC ASIAのFCL・LCLコンテナ小口混載(コンソリデーション)・国際複合一貫輸送サービスのご利用を宜しくお願い致します。

2013年05月01日 | 仕向地ミニ情報 | ヨーロッパ一覧

Copyright 2007- GTC ASIA CORPORATION. All rights reserved