仕向地ミニ情報 | ヨーロッパ
国際輸送のエキスパート ジー・ティー・シー エイシア株式会社

ドイツ (GERMANY) 

XML RSS

ドイツ (GERMANY) : 

公式国名、ドイツ連邦共和国(Federal Republic of Germany)。ヨーロッパ中部に位置する連邦共和制国家。ヨーロッパ最大の経済大国。面積、35万7,121平方`(日本の94%)。人口(2000年)は、8,279万7,408人で、2011年の推計では、8,033万人とやや減少傾向にある。人口密度、225人/平方`。人種、ゲルマン系ドイツ人94%、トルコ人2%、ユーゴスラビア人。ゲルマン人と多少のケルト人・ローマ人・スラブ人とが混合し、中・近世を通じてドイツ民族を形成。内面的・意志的傾向をもつ独特の思想・文化を発展させた。言語、ドイツ語(公用語)。宗教、1517年にマルチン・ルターの宗教改革があり、プロテスタント(新教徒)が38%、他カトリック34%、イスラム教1.7%。首都は、ベルリン

北はデンマーク、東はポーランド、チェコ、南はオーストリア、スイス、西はフランス、ルクセンブルク、ベルギー、オランダと国境を接する。また、北部は、北西側が北海、北東側はバルト海に面する。領域は1990年のドイツ再統一によって、ドイツ民主共和国(旧東ドイツ)を構成していた15県および東ベルリンが6州としてドイツ連邦共和国(西ドイツ)に編入されて、現在の16州となった。

§「ベルリン」、§「ハンブルク」、§「ブレーメン」と§「ブレーマーハーフェン」は都市州と呼ばれ、各々単独で連邦州を形成する。各州の人口(2006年)と州都は、 §バーデン・ヴュルテンベルク州(10,717,419人):シュトゥットガルト、 §バイエルン自由州(12,443,893人):ミュンヘン、 §ベルリン(3,387,828人)、 §ブランデンブルク州(2,567,704人):ポツダム、 §自由ハンザ都市ブレーメン(663,213人):ブレーメン、 §自由ハンザ都市ハンブルク(1,734,830人)、 §ヘッセン州(6,097,765人):ヴィースバーデン、 §メクレンブルク・フォアポンメルン州(1,719,653人):シュヴェリーン、 §ニーダーザクセン州(8,000,909人):ハノーファー、 §ノルトライン・ウエストファーレン州(18,075,352人):デュッセルドルフ、 §ラインラント・プファルツ州(4,061,105人):マインツ、 §ザールラント州(1,056,417人):ザールブリュッケン、 §ザクセン自由州(4,296,284人):ドレスデン、 §ザクセン・アンハルト州(2,494,437人):マクデブルク、 §シュレースヴィヒ・ホルシュタイン州(2,828,760人):キール、 §テューリンゲン自由州(2,355,280人):エアフルト

地方分権の歴史が長い為、ロンドンパリ、東京の様な首都への一極集中はしていない。10位までの主要都市の人口(2008年)は、 @ベルリン3,431,675人、 Aハンブルク1,772,100人、 Bミュンヘン1,326,807人、 Cケルン995,420人、 Dフランクフルト・アム・マイン664,838人、 Eシュトゥットガルト600,068人、 Fドルトムント584,412人、 Gデュッセルドルフ584,217人、 Hエッセン579,759人、 Iブレーメン47,360人。

その他、ギーセンニュルンベルクオッフェンバッハアーヘンリューベックなど。

2008年まで6年連続で世界最大を誇った輸出額は中華人民共和国に抜かれたものの、なお工業製品輸出額、貿易黒字額、海外旅行客数(送り出し側)等で世界一であり、アメリカ合衆国、中華人民共和国、日本に次いで世界第4位(為替レート換算値による)のGDPを誇る経済大国である。世界の先進7か国(G7)の一つ。フランスと並ぶ欧州連合(EU)の中核国である。

また、世界で初めて公的年金、保険制度を導入した国であり、日本など多くの諸外国が模範としている。医学をはじめとして化学、数学、物理学などの自然科学分野、哲学、文学、演劇などでも高い実績を築いてきたが、中でも18世紀後半以降の音楽史では同系国家であったオーストリア(1866年まではドイツ連邦議長国)と共に独占的ともいえる地位を築き、今日もヨーロッパの歌劇場の過半数、全世界のオーケストラの1/4以上がドイツにあるといわれる。また、非英語圏では群を抜いて多くのノーベル賞受賞者を輩出している。

地勢はおおむね平坦で、北部はハイデとよばれる北ドイツ平原、中部は森林性の丘陵、南部はアルプス山麓の高原とシュバルツバルトとよばれる森林に覆われた山地。南東部には湖沼も多い。温帯に属し、北部は西岸海洋性、中部と南部は大陸性を示す。夏季は涼しく乾燥して快適な天候が続く。冬季は長く湿潤寒冷。

「民族大移動」後に定着したゲルマン諸族がその一部族であったフランク部族国家に征服された(フランク王国は西欧文化圏形成の基礎)。843年、現在のドイツの起源となった東フランク王国が成立。962年、神聖ローマ帝国に発展したが、半独立の諸侯が割拠し、1871年、プロイセン王国(プロシア)によって統一が成りドイツ帝国が誕生。専制政治と近代的経済政策で海外に植民地をもつ大帝国に発展し諸列強と対立、第一次世界大戦が起こった。敗戦と革命によりワイマール共和国が成立したが、経済の破綻がナチスの台頭を許し、第二次世界大戦が発生。1945年再び敗れ、1949年、英・米・仏の占領した地域がドイツ連邦共和国(西ドイツ)、ソ連の占領地域がドイツ民主共和国(東ドイツ)となった。1990年、再統一を達成し、再びベルリンを首都と定めた。以降、旧東ベルリンを中心とするベルリンの再開発・インフラ整備と、ボンからベルリンへの連邦政府機関移転による実質的な首都機能移転が順次進められ、2001年5月2日にベルリンへの首都機能移転が完了した。

ユネスコの世界遺産としては、文化遺産が36件、自然遺産が3件で合計39件の世界遺産が現存し、イタリア、スペイン、中国、フランスに次ぐ5番目の登録件数である。登録遺産名と登録年は、

◎『文化遺産』は、 ◆「アーヘン大聖堂(1978年)」、 ◆「シュパイヤー大聖堂(1981年)」、 ◆「ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場(1981年)」、 ◆「ヴィースの巡礼教会(1983年)」、 ◆「ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト(1984年)」、 ◆「ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂聖ミカエル教会(1985年)」、 ◆1986年に「トリーアのローマ遺跡群聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会(1986年)/「ポルタ・ニグラ」」、 ◆「ハンザ同盟都市リューベック(1987年)/「ホルステン門」、 ◆「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群(1990年、1992年拡大、1999年拡大)」、 ◆「ロルシュの大修道院とアルテンミュンスター(1991年)」、 ◆「ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム(1992年、2010年拡大)」、 ◆「バンベルクの町(1993年)」、 ◆「マウルブロン修道院の建造物群(1993年)」、 ◆「クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街(1994年)」、 ◆「フェルクリンゲン製鉄所(1994年)」、 ◆「ケルン大聖堂(1996年)」、 ◆「ヴァイマルとデッサウのバウハウスとその関連遺産群(1996年)」、 ◆「アイスレーベンとヴィッテンベルクにあるルター記念建造物群(1996年)」、 ◆「古典主義の都ヴァイマル(1998年)」、 ◆「ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)(1999年)」、 ◆「ヴァルトブルク城(1999年)」、 ◆「デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国(2000年)」、 ◆「僧院の島ライヒェナウ(2000年)」、 ◆「エッセンのツォルフェライン炭鉱業遺産群(2001年)」、 ◆「ライン渓谷中流上部(2002年)」、 ◆「シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区(2002年)」、 ◆「ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像(2004年)」、 ◆「ドレスデン・エルベ渓谷(2004年〜2009年)」、 ◆「レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ(2006年)」、 ◆「ベルリンのモダニズム集合住宅群(2008年)」、 ◆「ムスカウ公園(2004年)」、 ◆「ローマ帝国の国境線(1987年、2005年拡張)」、 ◆「アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群(2011年)」、 ◆「アールフェルトのファグス靴工場(2011年)」、 ◆「バイロイトの辺境伯歌劇場(2012年)」、 ◆「ベルグパーク・ヴィルヘルムスヘーエ(2013年)」。

◎『自然遺産』は、 ◆「メッセル採掘場の化石発掘現場(1995年)」、 ◆「ワッデン海(2009年)」、 ◆「カルパティア山脈のブナ原生林とドイツの古代ブナ林群(2011年)」。

「ドイツ」の風景はこちら

≪ハンザ: 北ドイツの都市同盟。中世の北欧商業圏を支配した経済的、政治的な同盟による自治都市。12世紀頃生まれ、14世紀後半が最盛期で100以上の都市が参加。17世紀以降に衰微。中心都市はリューベックハンブルクブレーメンロストックなど。≫

※それでは、GTC ASIAのFCL・LCLコンテナ小口混載(コンソリデーション)・国際複合一貫輸送サービスのご利用を宜しくお願い致します。

2014年02月10日 | 仕向地ミニ情報 | ヨーロッパ一覧

Copyright 2007- GTC ASIA CORPORATION. All rights reserved